脱毛器と脱毛テープのダメージ比較について

MENU

脱毛器と脱毛テープのダメージ比較について

どのような脱毛方法でもある程度は肌へのダメージを与えてしまいます。ですから肌のことを考えたらいかに負担の少ない方法で脱毛をするかが大切と言えるでしょう。では脱毛器と脱毛テープの効果を比較した際、どちらの方がダメージが小さいのかと言えば脱毛器の方が安全性が高いと言えます。脱毛テープの方がダメージになってしまう理由としては強引に脱毛をするやり方だからです。テープの吸着力でムダ毛を抜くことになりますが、その際には強力に毛根を引っ張りますので肌への負担になることは避けられず、肌荒れを引き起こす原因になり得ます。作業の際には痛みを伴うことがありますが、それだけ負担が大きい脱毛方法という証拠です。そして強引に脱毛をすることで肌荒れや埋没毛、肌の表面がブツブツするといった症状が出ることもありますので、肌のことを考えたらあまり適していない方法と言えるでしょう。

 

一方の脱毛器の場合も肌への負担になってしまうことは避けられないのですが、しかしながら脱毛テープよりも優しくお手入れができる理由もあります。まず脱毛器の場合、基本的にはムダ毛や毛根にのみ反応する光を用いるからです。施術の際に用いる光は黒色をしているメラニン色素に反応するのですが、それゆえに肌に対しては負担になることが少ないのです。多少は肌にも光が影響することもありますが、それでも痛みを感じることは少なく、人によっては全くの無痛に感じられることもあります。痛みが少ないのは殆ど負担になっていないということでもありますので安全性の高い脱毛方法と言えるでしょう。

 

脱毛器の方が良い理由に効果が持続するという点も挙げられます。脱毛テープの場合、効果が持続するわけではありませんので繰り返しのお手入れが前提です。しかし肌に負担になる脱毛を繰り返すことになりますので肌にとっても良いはずがありません。その点、脱毛器なら何度かの施術でつるつるにすることができ、それ以降はお手入れが不要になりますから将来的に肌に負担を掛ける心配もないのです。